採用について

Q1.新卒正社員向けの雇用形態である
「スキルアップコース」と「ステップアップコース」の違いは何ですか?

A1.
「スキルアップコース」と「ステップアップコース」では、勤務内容と給与に大きな差がございます。

■スキルアップコース
主な業務:税務担当者としてお客様をもつ
待遇:残業あり、賞与あり(2ヶ月)
■ステップアップコース(最長1年半のコースです)
主な業務:税務担当者の補助として業務を行う
待遇:残業なし、賞与なし

Q2.学歴・職歴・資格に自信がないのですが……。

A2.
学歴・資格はあれば有利なのは事実です。
ただ、基本的には人柄重視です。
私どもは、税務担当者として求められる能力として、
「税務知識」・「顧客理解」・「コミュニケーション能力」が重要であると考えています。
いずれの能力だけが秀でていても、他の能力とのバランスが取れていなければ、税務担当者としての、実力は認められることはございません。

Q3.どんな人が向いていますか? どんな人が向いていないですか?

A3.
勉強することが多いので、勉強が苦にならない方が向いています。
周りと協力できて、コミュニケーション能力がある方も向いています。
以下の方は、当事務所での就業は厳しいように思います。

  • 挨拶ができない方
  • 努力ができない方
  • 時間にルーズな方
  • 責任感がない方
  • 常に受け身で自分から動けない方
  • 常にタバコを吸いたいヘビースモーカー(弊所は禁煙オフィスです)

Q4.履歴書を自筆で提出しないといけないのはなぜですか?

A4.
応募者の方にご負担をおかけして申し訳ないのですが、履歴書は自筆でお願いします。
理由としては、書類作成能力を見たいからです。
士業の場合、書類作成能力が必要となる場面が多くあります。
字が美しいことに越したことはないですが、字がうまくなくても問題ございません。
それよりも、丁寧さ、正確さ、読みやすさが大切です。
職務経歴書はPCで作成お願いします。
こちらの理由としましては、PCスキルを確認させていただくためです。

職場環境・待遇について

Q1.事務所の雰囲気は?

A1. 比較的若いスタッフが多いからか、明るく活気のある事務所です。
発言・質問しやすい雰囲気で、向上心のある方であればチャンスが用意されている事務所です。

Q2.スタッフの構成は?

A2.
男女比は6:4です。記帳等を手伝っていただいてるパートナー(いわゆるパート)さんは女性が多いです。 年齢は21〜47歳です。平均年齢は30代前半です。

Q3.残業時間はどれぐらいですか?

A3.
人によってバラバラですが、他の会計事務所と変わらないぐらいだと思います。
12月〜3月、5月はどうしても遅くなることがございますが、全社を挙げて、残業を減らすことに取り組んでいます。

Q4.休暇の取得状況は?

A4.
お客様の都合で休日出勤したときは、上司の申請は必要ですが、代休を取ることができます。
業務に影響が出ないようであれば、早めの申請で有休を取ることもできます。
事前に相談し、他の方に迷惑をかけないのであれば大丈夫です。

Q5.服装に制限はありますか?

A5.
他の人に不快感を与えない服装、身なりが基本です。
男女とも、ジャケット着用です。
髪型は、男性は清潔感があり、色味はダークトーンです。
女性のアクセサリー、ネイルは華美すぎなければ大丈夫です。
女性の靴は、スリッパ、つっかけ、バックストラップ、オープントゥは好ましくないです。

Q6.産休・育休はありますか?

A6.
パートナーさん(パートさん)に関しては、育児と両立して働いていただけるよう配慮しています。
正社員の女性に関しては、これから結婚する方ばかりですので、今後の取り組みとして、女性が働きやすい職場にしていく予定です。

仕事について

Q1.専門学校に通っていますが、仕事と両立できますか?

A1.
資格取得に力を入れたい方のために、「ステップアップコース」という残業なし(賞与なし)の形態の正社員もございます。
最長1年半までの特別なコースです。詳細は【こちら】でご確認ください。

Q2.試験休暇はありますか?

A2.
試験のための支援は、特段設けられておりませんが、
皆さん業務に差し支えない範囲で有給休暇を取得されたり、あるいは早朝勉強会に参加するなどして、試験勉強に充てられております。
ただ個別の事情に応じて、試験前の方には業務の負担を減らすよう配慮するなどの対応を図っております。

Q3.研修制度はありますか?

A3.
新入社員に個別にチューターがつくわけではないですが、 教育担当者から全般的なサポートを得ることができます。
税務担当者による早朝勉強会もございますので、 任意で参加していただけます。
また、税務担当者が指導のための時間を設定しているので、 日々の業務の中で出てきた質問事項などを集中して聞くこともできます。

Q4.担当件数はどれぐらいですか?

A4.
今までの経験によりますが、早い人では入社後半年ほどで担当をもちます。
担当件数は引継のタイミングにもよりますが、担当者の負担や対応能力を検討しながら、漸次的に増やして行き、最終的には30〜40件程度のお客様を担当することになります。

Q5.会計・申告ソフトは何を使っていますか?

A5.
会計ソフトは弥生会計、会計王、マネーフォワード
給料計算ソフトは弥生給与、MFクラウド給与、給料王
申告ソフトは魔法陣などを利用しております。

>>  採用情報 >>  採用に関するQ&A