税務・財務情報固定資産・減価償却

固定資産・減価償却

資産があっても除却損が計上できる?

当社は得意先数社から、少量かつ多種類の特殊な部分品の注文を受けて、これを製造するため、多数の金型を所有しています。期末現在使用していない金型について除却損が計上できると聞いたのですが?


除却損が計上できます。
次のような資産の場合、有姿除却といって除却損が計上できます。

(1) その使用を廃止し、今後通常の方法により事業の用に供する可能性がないと認められる固定資産
(2) 特定の製品の生産のために専用されていた金型等で、その製品の生産を中止したことにより将来使用される可能性のほとんどないことがその後の状況等からみて明らかなもの

金型は、将来わずかな確率とはいえ再生産を行う可能性が想定されますので、通常は生産中止後ある程度の期間の状況を見極めた後、はじめて除却処理することができることになります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+