税務・財務情報源泉所得税

源泉所得税

社員への無利息貸付

社員への貸付金に対して利息をとっていないのですが、税務上問題ありませんか。


税法では、使用者が使用人に対し金銭を無利息または年利4.4%以下で貸付けた場合、それによって使用者が受けた経済的利益の額が給与として扱われ、所得税の源泉徴収が必要になります。

しかし、災害や疾病等で臨時に多額の資金が必要になった場合で、それに充てる為に貸付けた金額を、合理的な期間内で返済した際に受ける経済的利益については、所得税は課税されないことになっています。

他にも、会社の借入金の平均調達金利等、合理的と認められる利率によって使用人に貸付ける場合や、年利4.4%の利息と貸付けた利率による利息との差額が、1年間で5千円以下になる場合も所得税は課税されません。

また、使用人の住宅購入の為の資金を貸付ける場合は、1%の利率を基準とする特例もあり、様々なケースにより税務上の取り扱いも変わってきます。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+