税務・財務情報保険関係

保険関係

長期平準定期保険の取り扱いについて

長期平準定期保険について教えてください。


(1)長期平準定期保険とは

長期平準定期保険とは、法人が、自己を契約者とし役員又は使用人を被保険者として加入した定期保険のうち、その保険期間満了の時における被保険者の年齢が70歳を超え、かつ、その保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が105を超えるものをいいます。

このように、保険期間が極めて長期になる定期保険については、各年の保険料が平準化されているためその保険期間の前半において支払う保険料のなかには多額の前払保険料が含まれていることになります。そこで、支払保険料の損金算入時期に制限を設けています。
この保険は解約返戻金が生じるため、死亡退職金だけでなく、生前退職金の原資としても利用されています。

(2)税務上の取扱い

長期平準定期保険は税務上次のように取り扱われます。

《1》保険期間開始の時から当該保険期間の60%に相当する期間

当該期間の各年の支払保険料の2分の1相当額を前払保険料として資産計上し、残額の2分の1相当額は期間に応じて損金算入します。

《2》保険期間の60%に相当する期間経過後の期間

当該期間の各年の支払保険料の額を期間に応じて損金算入するとともに、《1》により資産計上した前払保険料をその期間に応じて取り崩し、損金算入します。

注1)役員又は特定の使用人のみを被保険者とし、受取人がこれらの遺族とする契約の場合は給与として処理されるので除きます。

注2)前払期間に1年未満の端数がある場合には、その端数を切り捨てた期間を前払期間とします。

注3)養老保険等に付された長期平準定期保険特約に係る保険料が主契約である養老保険等に係る保険料と区分されている場合には、当該特約にかかる保険料については《1》《2》を適用します。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+