税務・財務情報人件費

人件費

個人事業の期間を通算して退職給与を支給することは出来るか

Aは、従来個人経営であった事業をそのままの事業内容と規模で法人組織としました。 従業員のうちには、個人事業当時から引き続き勤務している者が数人いますが、 その従業員が退職した場合に支払う退職手当についての退職所得控除額の計算の基礎となる 勤続年数は、個人事業当時からの勤続年数を通算してもよいでしょうか。


個人事業当時の勤続期間を含めて退職金の額を計算することが退職給与規程等において明らかとなっている場合には、 勤続期間の通算が認められます。

退職給与規程等に個人事業当時からの期間を含めた勤続期間を基礎として 退職金を計算する旨が定められており、それに従って計算した退職金を支払うのであれば、 原則として、個人事業当時の勤続期間を含めて勤続年数を計算することができます。

ただし、青色事業専従者であった者の場合は、 あくまでも法人設立の日から退職するまでの期間が勤続年数となるので、 個人事業当時の勤続期間を通算することはできません。

また、退職給与規程等により、退職金の支払額の計算の基礎とする期間が、 法人成りしてからの期間によるものとされている場合には、 個人事業当時の勤続期間との通算は認められません。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+