税務・財務情報個人の確定申告

個人の確定申告

住宅借入金等特別控除額:「住宅の取得時に購入したカーテン等」

住宅購入時に、住宅販売会社の紹介のインテリア業者からその住宅のカーテンや照明設備などを購入しました。このカーテンや照明設備などの取得対価は、住宅借入金等特別控除額の計算時に「家屋等の取得対価の額」に含めて計算していいですか?


「家屋等の取得対価の額」に含めて計算する事は出来ません。

住宅借入金等特別控除額は、家屋の新築若しくは購入(一定の敷地の購入を含む)又は増改築等に係るその年12月31日における住宅借入金等の金額の合計額を基として計算することとされていますが、その住宅借入金等の合計額が家屋等の取得対価の額を超える場合には、その家屋等の取得の対価の額を基として計算することになります。
この「家屋等の取得対価の額」には、門、塀等の構築物、電気器具、家具セット等の器具、備品又は車庫等の建物を家屋等と併せて同一の者から取得等をしている場合で、その構築物等の取得等の対価の額がきん少と認められるときは、その構築物等の取得対価の額を家屋等の取得対価の額に含めて差し支えないこととされています。

今回のご質問の場合のカーテン等は、家屋等と併せて同一の者から購入しているものではありませんので、その取得対価の額を「家屋等の取得対価の額」に含めることはできません。

(租税特別措置法第41条第1項~第3項、租税特別措置法関係通達41-23、41-26)



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+