税務・財務情報個人の確定申告

個人の確定申告

災害を受けたときの所得税の軽減免除

災害で損害を受けたとき、災害免除法という制度により税金が軽減されると聞きました。詳しく教えてください。


災害によって住宅や家財に損害を受けたときは、災害減免法により所得税が軽減免除されます。

その条件として下記のすべてにあてはまる必要があります。

○災害によって受けた住宅や家財の損害金額(保険金などにより補てんされる金額を除きます。)がその時価の2分の1以上
○災害にあった年の所得金額の合計額が1000万円以下
○その災害による損失額について雑損控除を受けない

以上の条件すべてに当てはまれば、災害減免法によりその年の所得税が下記のように軽減されるか又は免除されます。

 ○合計所得金額          ○所得税減免金額
 ・500万円以下       →  ・全額
 ・500万円超750万以下  →  ・2分の1
 ・750万円超1000万以下 →  ・4分の1

災害減免法の適用を受けるためには、確定申告書に適用を受ける旨、被害の状況及び損害金額を記載して、原則として確定申告期限内に、納税地の所轄税務署長に提出することが必要です。

また、サラリーマンが災害減免法により源泉所得税の徴収猶予又は還付を受けた場合は年末調整されませんので、確定申告により所得税を精算することになります。
この軽減免除に代えて雑損控除の適用を受けることもできます。

(災免法2、災免法3、災免令1、2、昭27・7直所1-101)



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+