税務・財務情報個人の確定申告

個人の確定申告

がん保険の健康回復給付金

がん(特定がん)になって入院・手術を受けました。特定がん保険に加入していましたので、入院給付金、手術給付金の他に健康回復給付金が支給されました。この健康回復給付金は以下の内容なのですが、(健康回復給付金の内容)被保険者が特定がんにより入院した後、療養するために退院したとき及び退院日から2年間、退院日の3ヶ月ごとに生存しているときに15万円を支給する(2年間合計120万円)この健康回復給付金は所得税法上のどのように扱えばよいのでしょうか。


非課税所得として扱うことになります。
その理由としては
○この給付金が被保険者が特定がんと診断されている場合に限って支払われるものであること。
○退院後のリハビリ費用、検診費用、家事代行費用等の補填をするものだとして、従来の在宅療養費給付金(一時金として支払われ非課税扱い)を3ヶ月ごとに分割して支払うものと同じと考えることができる。
以上の理由から非課税所得として扱うことになります。

(所得税法施行令第30条第1号、所得税基本通達9-21)



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+