税務・財務情報個人の確定申告

個人の確定申告

扶養控除の税制改正

扶養控除の見直しがあると聞きました。内容を教えて下さい。


平成22年度の税制改正により、扶養控除の見直しがありました。

扶養控除は、一定の所得以下の親族(配偶者を除く)がいる場合に適用されます。一定の所得とは、合計所得金額が38万円以下、給料でいうと年間103万円以下です。この扶養控除では、対象となる扶養親族の年齢により、金額が上乗せされます。上乗せされる金額は、次のようになります。

【税制改正前】
                  上乗せ部分   合計の控除額
《1》年齢16歳未満             なし    38万円
《2》16歳以上19歳未満       25万円   63万円
《3》19歳以上23歳未満       25万円   63万円
《4》70歳以上で同居していない  10万円   48万円
《5》70歳以上で同居している    20万円   58万円

この規定が、今回の税制改正により変更となりました。

【税制改正後】
《1》及び《2》が改正されました。
                  上乗せ部分   合計の控除額
《1》年齢16歳未満            なし     0円《廃 止》
《2》16歳以上19歳未満         0円   38万円《上乗せ部分廃止》
《3》19歳以上23歳未満       25万円   63万円
《4》70歳以上で同居していない  10万円   48万円
《5》70歳以上で同居している   20万円   58万円

注意して頂きたいのは、この改正は、平成23年分以降の所得税(給与等に対する源泉所得税については、平成23年1月1日以降支払うべき給与等)について適用されるという事です。
したがって、本年(平成22年)分については従来通りの控除が適用されます。

また、住民税の扶養控除においても、16歳未満及び16歳以上19歳未満について控除額が変更されます。住民税については、平成24年度からの変更となります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+