税務・財務情報個人の確定申告

個人の確定申告

医療費控除の対象となる出産費用の具体例

出産費用も医療費控除の対象になると聞きました。どういったものが医療費控除の対象、及び、対象外になるのか教えてください。


○妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用、また、通院費用は医療費控除の対象になります。

※通院費用については領収書のないものが多いのですが、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておいてください。

○通院に掛かった交通費も控除の対象になります。通院費でも、通常タクシー代は認められませんが、出産という緊急時で入院するときにタクシーを利用した場合、そのタクシー代は医療費控除の対象となります。

※実家で出産するために実家に帰省する交通費は医療費控除の対象にはなりません。

○入院に際し、寝巻きや洗面具など身の回り品を購入した費用は医療費控除の対象になりません。

○入院中は病院で支給される食事を摂ることになることからこの費用は、入院代に含まれますので医療費控除の対象になります。

※病院の食事が気に入らず、他から出前を取ったり外食したりしたものは、控除の対象にはなりません。

○健康保険組合や共済組合などから出産育児一時金、又は出産費や配偶者出産費などが支給された場合必ず出産費用から差し引いてください。

※出産育児一時金等を差し引いた結果、出産費用がマイナスになった場合、出産費用を実質0円とし、他の医療費からさらに差引く必要はありません。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+