税務・財務情報接待交際費

接待交際費

パーティに要した金額は交際費?

当社は会社創立50周年を記念し、ホテルで取引先、同業者を招いて記念パーティーを催しました。このパーティーに要した総額は600万円でしたが、祝儀収入が300万円ありました。出席者の内訳は取引先等100名、従業員50名です。
まず600万円のうち、従業員分である200万円(600万円×50名/(100名+50名))を福利厚生費として処理し、残りの400万円から祝儀収入300万円を差し引いた100万円を、交際費として処理しました。このような処理で問題ないでしょうか?


交際費600万円、雑収入300万円という処理になります。
記念パーティーに得意先等を招待して行う場合は、宴会費はもとより 交通費及び記念品代も交際費に含まれます。また、その際従業員を併せて参加させる場合には、 その費用は区分することなく、すべて交際費等となります。なお、招待した得意先等からの祝儀は、 得意先の好意によって受け取るものであり、パーティー等の費用の全額が交際費等となり、 受け取った祝儀は雑収入に計上しなければなりません。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+