税務・財務情報諸経費

諸経費

外国の地方公共団体が課す罰金の取扱いについて

A社は、海外支店でかねてから取引上のトラブルを抱えていたところ、 この度、現地において罰金を支払うことで、収束することになりました。 この罰金は、外国の地方公共団体が裁判手続(刑事訴訟手続)を経て課すものですが、 損金の額に算入することができますか。


内国法人が納付する外国又はその地方公共団体が課す罰金又は科料に相当するものについては、 国内の罰金及び科料と同様、損金の額に算入しないこととされています。

ここで、外国又はその地方公共団体が課する罰金又は科料に相当するものとは、 裁判手続(刑事訴訟手続)を経て外国又は外国の地方公共団体により課されるもの をいうこととされています。

したがって、A社が現地で支払うこととなった罰金は、 外国の地方公共団体により裁判手続(刑事訴訟手続)を経て 課されたものとのことですから、損金の額に算入することはできません。 なお、米国に代表されるいわゆる司法取引により支払われたものも、 裁判手続(刑事訴訟手続)を経て課された罰金又は科料に相当するものに 該当することとされています。

【根拠法令】
法人税法第55条第4項第1号
法人税基本通達9-5-9



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+