税務・財務情報諸経費

諸経費

決算月の社会保険料の損金算入について

当社は決算日が末日ではなく月途中の2月20日が決算日です。
決算に際して2月分の社会保険料を見積計上したいのですが、社会保険料は月末に在職しているかどうか等で判断し、保険料を計算するので決算日の時点では2月分の社会保険料の金額が確定していません。

そこで、前月の社会保険料の納付金額を基にして2月1日から2月20日分を日割り計算し、保険料の見積額を出しました。この社会保険料の見積額を損金計上してもかまわないのでしょうか。

尚、決算後に確定した社会保険料の納付額との差額は見積分を洗替処理により調整します。


ご質問の場合、2月分の社会保険料を損金の額へ算入することは出来ません。

これは法人税法上、損金の額へ算入すべき金額は、その事業年度の販売費、一般管理費その他の費用(償却費以外の費用で当該事業年度終了の日までに債務の確定しないものを除く。)の額とされており、また、法人が負担する社会保険料の額については、当該保険料の額の計算の対象となった月の末日の属する事業年度において損金の額に算入することができるとされているからです。

社会保険料は、月末において従業員の方が在職かどうかなどで判定し保険料を計算します。貴社の場合、決算日の時点で2月の末日を迎えていない為、まだ2月分の社会保険料の支払債務の金額が確定していない事になります。

ですから、たとえ1月分の納付金額を基に日割り計算したとしても損金の額へ算入することは認められません。

(法人税法第22条第3項第2号)
(法人税基本通達9-3-2)
(健康保険法第156条第3項)
(厚生年金保険法第81条、第19条第1項)



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+