税務・財務情報消費税

消費税

商品の安売りや下取りをした際の消費税の取扱いについて

商品の安売りや下取りをした際の消費税の取扱いについて 教えて下さい。


消費税の税額は、一般には課税標準に税率を掛けて計算します。

この課税標準は、課税資産の譲渡等の対価の額によることとされています。 課税資産の譲渡等の対価の額とは、資産の譲渡、資産の貸付けや役務の提供について受け取る金額又は受け取るべき金額のことをいいます。

したがって、実際の取引に当たって、その資産の通常の価額よりも安い価額で譲渡しても、 その資産の通常の価額(時価)に引き戻す必要はなく、当事者間で取引した実際の価額を課税標準として税額を計算することになりま す。

ただし、法人が役員に対してその資産の通常の価額よりも著しく低い価額で譲渡した場合には、 その資産の時価を対価の額とみなして税額を算出することになりますので注意してください。

また、資産の譲渡等に際し下取りをした場合の資産の譲渡等の対価の額は、 譲渡価額から下取価額を控除した金額とすることはできません。下取りを伴う資産の譲渡等については、売上げと仕入れの二つの取引が同時に行われています。

したがって、それぞれ別個の取引として取り扱うことになり、 資産の譲渡等については売上げに対して消費税が課税されるとともに、下取りについてはその下取価額に含まれる消費税の額を仕入控除することになります。

例えば、自動車の販売会社が消費者に100万円の自動車を販売するときに消 費者が所有する自動車を30万円で下取りしたとします。この場合は、 100万円から30万円を差し引いて70万円を課税資産の譲渡等の対価の額とすることはできません。 100万円の課税売上げ及び30万円の課税仕入れとしてそれぞれ計算することになります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+