税務・財務情報消費税

消費税

消費税の非課税取引と免税取引の違い

消費税の非課税取引と免税取引の違いを教えてください。


国内取引であっても消費に負担を求める税としての性質上や社会政策的配慮から、課税の対象としないこととされている取引があり、これを「非課税取引」といいます。例えば、土地や有価証券などの譲渡、預貯金や貸付金の利子、社会保険医療などの取引です。

一方、「免税取引」とは、商品の輸出や国際輸送、外国にある事業者に対するサービスの提供などの、いわゆる輸出類似取引などです。 この場合には、輸出証明書を保管するなど、一定の要件を備えている必要があります。

非課税取引と免税取引は、その取引のために行った仕入れについて、仕入税額の控除を行うことができるかどうかという点が異なります。

非課税とされる取引には消費税が課税されませんので、非課税取引のために行った仕入れについては、原則としてその仕入れに係る消費税額を控除することができません。

これに対して、免税とされる輸出や輸出類似取引は、課税資産の譲渡等に当たりますが、一定の要件が満たされる場合に、その売上げについて消費税が免除されるものです。したがって、その輸出や輸出類似取引などのために行った仕入れについては、原則として仕入れに係る消費税額を控除することができることとなります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+