税務・財務情報消費税

消費税

消費税簡易課税制度選択届出書の効力について

当社は消費税において簡易課税制度を適用していたのですが、 当期の課税売上高が1,000万円以下になったので「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を提出しました。将来また消費税の納税義務者になり、簡易課税制度を適用したい場合、再度「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出しないといけないのですか。


「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を提出しても「消費税簡易課税制度選択届出書」の効力は失われませんので、再度提出する必要はありません。簡易課税の適用をやめる場合、「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」を提出する必要があります。ですので、ご質問の場合とは逆に、将来また納税義務者になり、今度は原則課税を適用したい場合に「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」を提出していなければ簡易課税を適用していることになっているので注意が必要です。

(消費税法第37条、第57条)
(消費税法施行令第57条)



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+