税務・財務情報消費税

消費税

リサイクル料金の課税仕入の時期

このたび当社は自動車を購入することになったのですが、車両購入にあたっての明細に「リサイクル料金」とあるのですが、どういった費用なのでしょうか。また、消費税の課非区分はどのように処理すれば良いのでしょうか。


車両購入時に支払うリサイクル料金は、
《1》シュレッダーダスト料金
《2》エアバック類料金
《3》フロン類料金
《4》情報管理料金
《5》資金管理料金
で構成されており、すべて消費税相当分の料金を含んでいます。
リサイクル料金とは、シュレッダーダスト、エアバック類、フロン類を自動車廃車時に安全に処理し、自動車のリサイクルを促進するために、その費用を購入者に負担してもらうという目的で、購入者から自動車購入時に預り、自動車廃棄時にその費用に充てられます。リサイクル料金支払い時には、リサイクル券が発行されます。
これらの《1》~《4》の各料金については、支払い時は「預託金」として処理することになりますので消費税の処理としても「不課税取引」に該当しますが、《5》の資金管理料金は必要に応じて資金管理法人の役務のために充てられるため、「役務提供の対価」として支払い時に費用処理し、消費税においても「課税仕入」に該当します。

購入時に「預託金」として処理されたリサイクル料金については、当該自動車を廃棄するにあたり、使用済自動車として引取業者に引き渡し、引取業者から引取証明書が発行されることになっていますので、「預託金」として資産計上していたリサイクル料金は、その時点で費用に振り替え、課税仕入として処理します。

また、当該自動車を中古車として売却した場合には、新所有者にリサイクル券を引き渡し、新所有者からリサイクル料金(《5》以外)を受領し、それに伴って資産計上してあった「預託金」を解消します。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+