税務・財務情報消費税

消費税

免税事業者からの仕入れ

仕入れを行いましたが、仕入先が免税事業者だと分かりました。仕入税額控除はできますか?


消費税の納付税額は、課税期間中の課税売上高に5%を掛けた金額から課税仕入高に5%を掛けた金額を差し引いて計算します。この場合の課税仕入れとは、商品などの棚卸資産の仕入れのほか、機械や建物等の事業用資産の購入又は賃借、原材料や事務用品の購入、運送等のサ-ビスの購入など、事業のための購入などをいいます。

したがって、免税事業者から仕入れた場合や事業者ではない単なる消費者から仕入れた場合も、仕入税額控除の対象となります。

この免税事業者や消費者から仕入れた場合でも、その支払った対価の額は消費税及び地方消費税込みの金額とされますので、その対価の額の105分の5相当金額は消費税額として仕入税額控除を行うことができます。

例えば、免税事業者である下請業者に外注費100万円を支払ったとします。この100万円の支払の中には、その105分の5に相当する47,619円の消費税額が含まれているものとして、仕入税額控除を行うことになります。

このことは、事業用の建物や器具などを事業者でない人から購入したり賃借する場合も同じです。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+