税務・財務情報その他

その他

会社印鑑について

会社印鑑について教えてください。


会社印鑑とは主に、代表者印(実印)、銀行印(銀行届出印)、社印(会社角印)の3つを指します。

○代表者印(実印)
代表者印は、会社設立登記申請の際、登記所に届け出る必要がある印鑑で、会社を代表する代表取締役の印鑑で会社の実印です。登記上は、代表者印は個人の実印でも認印でも代用できますが、新規に作成される方が良いでしょう。実務上は、代表取締役選任の決議を行った際の取締役会決議の議事録や契約書、官公庁への届出など、重要度の高い書類に押印します。取扱いには細心の注意が必要です。

○銀行印(銀行届出印)
銀行印は銀行など金融機関に口座を開くときに使用するものです。預金の引出しや手形・小切手の振出など、会社の現金を直接動かす印鑑です。管理は厳重にする必要があります。

○社印(会社角印)
「□△株式会社の印」というような社判、角印、会社印などと呼ばれる四角い印です。請求書や納品書、領収書などに使用される印で、日常頻繁に用いられます。認印としての役割を果たし、重要度の高い書類では一般的に使用しません。

いずれの印鑑にしても紛失、盗難には気をつけて管理する必要があります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+