税務・財務情報相続税・贈与税

相続税・贈与税

相続税の配偶者控除について

相続税の配偶者控除について教えてください。


配偶者控除は、残された配偶者の生活保障として、また被相続人の財産形成に長きにわたり貢献してきたこと、夫婦間であれば同世代での財産の移転が多いため、短期間で相続が発生する可能性が高いことを考慮して設けられました。

被相続人の配偶者については次の金額のいずれか高い金額までは相続税はかかりません。

(1)1億6,000万円
(2)配偶者の法定相続分

これを算式に表すと次の通りになります。

配偶者控除額=相続税の総額×(次の《1》《2》のいずれか少ない方の額÷各相続人の課税価格の合計額)

《1》配偶者の法定相続分(1億6,000万円に満たない場合には1億6,000万円)
《2》配偶者の課税価格

(注)配偶者とは、正式に婚姻届を提出して法的に夫婦となった人を指し、内縁関係にある人は含まれません。
(注)配偶者税額控除は、配偶者が遺産分割などで実際にもらった財産を基礎に計算されることになっています。したがって、相続税の申告期限までに配偶者に分割されていない財産は配偶者税額控除の対象になりません。
ただし、申告期限から3年以内に分割した時は適用を受けることができます。

配偶者税額控除を受けるためには、配偶者控除の明細を記載した相続税の申告書に戸籍謄本と遺言書の写しや遺産分割協議書の写しなど、配偶者のもらった財産がわかる書類を添えて提出してください。
遺産分割協議書の写しには印鑑証明書も添付します。

相続税の申告後に行われた遺産分割に基づいて配偶者税額控除を受ける場合は、分割が成立した日の翌日から4か月以内に更正の請求という手続きをする必要があります。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+