税務・財務情報相続税・贈与税

相続税・贈与税

障害者控除について

相続税の障害者控除について教えてください。


障害者控除とは、相続した者が障害者であることによる生活保障の観点から設けられています。

〔適用要件〕

障害者控除の適用を受けることができるのは、次のすべてに当てはまる人です。

1 相続や遺贈で財産をもらったときに日本国内に住所がある人。

2 相続や遺贈で財産をもらったときに障害者である人。

3 相続や遺贈で財産をもらった人が法定相続人(相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人)であること。

〔控除額の計算〕

その障害者が満70歳になるまでの年数1年につき6万円で計算した額になります。この場合、特別障害者については1年につき12万円となります。また、1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算します。

《1》般障害者の場合
障害者控除=(70歳-相続した時の年齢)×6万円

《2》特別障害者の場合
障害者控除=(70歳-相続した時の年齢)×12万円

〔控除の方法〕

障害者控除はその障害者の相続税額から控除します。障害者控除額がその障害者の相続税額を超える場合には、その障害者の扶養義務者の相続税額から控除できます。

障害者が過去にも障害者控除の適用を受けている場合には、最初の相続の際に計算した障害者控除額からすでに控除を受けた金額を控除した残額を控除することができます。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+