税務・財務情報相続税・贈与税

相続税・贈与税

遺言書と異なる遺産分割について

被相続人Aには相続人として配偶者Bと二人の子供(C、D)がいます。Aが残した公正証書による遺言書によると、Cに全財産を相続させるという内容でした。
これを、相続人全員で話し合い、法定相続分であるBに1/2、CとDにそれぞれ1/4を相続するという結論に至りました。
このように、遺言書と異なる分割協議による相続は可能でしょうか。


相続人全員の合意により遺言書と異なる遺産分割を行うことは可能です。

これは、受遺者であるCが遺贈を放棄したことにより遺言はなかったものとして、遺産を相続人全員の分割協議により適法に取得したものと考えるためです。

この場合、贈与税は生じず、相続人全員に相続税が生じてきます。

ただし、いったん遺産分割協議により分割した後に、再度遺産分割を行った場合には、相続税に加え贈与税も課されることになりますので注意が必要です。



お客様の声

「神戸会社設立i.net」の起業家応援プランでは、実質84,000円で業務を承ります。

入江会計事務所では、正社員(税理士補助業務)を募集いたしております。

経営に役立つ情報を毎月お届け!
メルマガ「入江会計事務所通信」はこちらから!

弊所では、日本政策金融公庫と強力に連携し、ご融資について各種サービスを提供させていただいております。

入江会計事務所がお送りいたします、住宅ローン控除のための確定申告代行サービスです。

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■事務所紹介動画

Google+