会社設立1年目に必要な届出

法務局への届出が完了いたしますと、とりあえずは会社設立が完了致します。
しかし、その後の届出に何が必要なのかご存じの方は少ないと思われます。

会社の設立は登記をして終わりではありません。登記が完了した後は、速やかに税務署や都道府県などに各種の届出を行う必要があります。
しかし、何を届出すれば良いのか分からない、提出場所はどこなのだろう?と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

当事務所にご依頼いただければ、設立後に必ず届出をしなければいけない各種書類の手続き代行をいたします。届出で悩む必要はございません。
まずはお気軽に税理士法人入江会計事務所へご相談ください。

会社設立後に必要な届出

①税務に関して税務署に届出を行う

提出すべき書類は以下のようなものがあります。

  • ・法人設立届出書
  • ・青色申告の承認申請書
  • ・給与支払事務所等の開設届出書
  • ・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • ・棚卸資産の評価方法の届出書(任意)
  • ・減価償却資産の償却方法の届出書(任意)

それぞれの書類には提出の期限が定められているものもあり、期限に間に合わないと過大な納税が生じる可能性があります。

②地方税に関して都道府県/市区町村に届出を行う

株式会社を設立したら、国税以外にも地方税を支払うことになります。そして地方税は、都道府県や市町村に納めるため、それぞれに事業開始の届出(法人設立届出)が必要となります。

これらの届出には下記書類の添付も必要となりますのでご注意ください。

  • ・定款のコピー
  • ・登記事項証明書

これから会社を設立しようとお考えの方や、設立したばかりの方は、設立時の手続きだけでなく、その後必要になってくる届出まで念頭においておきましょう。

ただ、これらの手続きを全て自分一人で行うのは時間もコストも非常に大変です。
税理士法人入江会計事務所なら、設立前からその後のサポートまで徹底的に行っております。
まずはお気軽にご相談ください。