従業員への祝金や見舞金の勘定科目について

Q

従業員への祝金や見舞金の勘定科目は何を使えばよろしいでしょうか?

福利厚生費となります。交際費は得意先、仕入先など事業に関係のある者への接待、慰安などに支出するため支出する費用をいいます。

それに対し、従業員(その親族含む)へ支給する金品(結婚祝、香典、病気見舞など)は福利厚生費となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です